記事一覧

ハローワークで求職したと認められる活動とは?正しい求職活動を知る

スポンサードサーチ

失業保険の受給に必要な求職活動とは

失業保険の受給資格を得た方は、4週間に1度ハローワークで求職活動の実績を報告しなければなりません。

これは失業保険というのが、すぐにでも就職したいという意思と、その能力がある方のための手助けをするための制度という大前提があるためです。

それを証明するためには就職への熱い想いや理想を伝えるだけではいけません。

具体的には失業認定申請書と呼ばれる紙に、認定日までの28日間どんな求職活動を行ったかを詳細に記載する必要があります。

求職活動というのは再就職するために自分が行った活動のことですから就職を希望する企業に履歴書を送付して面接を受けたりハローワークや職業紹介所などを利用することを指します。

一見簡単なことばかりなのですが、中には「どんな活動が求職活動に当てはまるかわからない」なんて方もいらっしゃいます。

これは比較的年齢の若い方に多いのですが、彼らの多くは再就職したいということよりも、どちらかと言えば失業保険を貰いたいという気持ちの方が、強いと感じます。

このような考えは働きたい方をサポートする失業保険の定義にも背くことになりますし、積極的に求職活動を行っている方とも対照的だと言えるでしょう。

ですが、このように就職活動を積極的に行わない方のすべてを否定することはできません。

中には以前の会社での過酷な勤務が原因で精神的にも肉体的にも限界で少し休みたいと思っている方や、新しい会社は慎重に選んでいきたいと考えている方もいるからです。

ですが、個々それぞれの思いを行政がすべて解決できる訳ではありません。

その為のサポートを担う失業保険ですら万能では無いのです。

しかし現状失業保険は働く意思がある方にだけ支給されるので彼らのような就職が困難な方が、何とか失業保険を受給するために最低限の求職活動を行いたい気持ちも理解できます。

そこでそんな方たちの為に、実際は就職活動をしなくても求職活動をしたと見なしてくれるいくつかの方法があります。

もちろんこれは違法なことでは無く、正当な方法ですのでご安心ください。

まずは求職活動を理解する

求職活動の実績を作るためにまずはあなたの手元にある「雇用保険受給資格者のしおり」に書かれている「失業の認定における求職活動の実績となる行為」を理解しておくことが大切です。

またほとんどの方が、ここに書かれている求職活動を実践し失業保険の認定に必要な回数をこなすことは簡単な事だと思います。

スポンサードサーチ

企業の求人に応募する

求人に応募するというのは企業に履歴書を送付したり面接を受けることを意味します。

積極的に求人活動を行っていれば認定日に申告書に記載するのも求人への応募だけで埋まってしまうはずです。

ですが、実績を作るためだけに難関企業や有名企業にばかり求人の応募をかけるような方もいらっしゃいます。

たしかに求人活動を行った実績には違いありませんが、これは応募された企業だけでなくハローワークにも迷惑がかかる場合もあるのであまり好ましい行為とは言えません。

ハローワークを利用した求職活動

ハローワークでは定期的に履歴書の書き方や面接の対応、自己分析についての各種セミナーが開催されています。

こういったセミナーに参加しても求職活動とみなされますし、セミナーを受講することでプラスになることも多いので非常にオススメです。

またハローワークのパソコンなどを使って求人情報を検索し、求人に関する情報や相談を行うことも求職活動と認められます。

就職に関する不安や悩みがあるときには、ハローワークの職員が親身になって相談に乗ってくれる上に求職活動の実績にもなるのでぜひ利用したいところでしょう。

ただし、活動の実績が欲しいという理由だけで闇雲に相談しても職員はプロとして働く意思のない方を瞬時に見分けますのでいい加減な気持ちで相談するとかえってそれがマイナスになってしまう場合もあるでしょう。

民間職業紹介所を利用する

ハローワークだけでなく民間の職業紹介所や転職エージェントと呼ばれる方に就職の相談をするのもオススメです。

あなたの職歴や経歴によって最適な会社を紹介してくれるので、ハローワークでは見られないような有名企業や好待遇の会社に出会える確率が高いです。

また大手の転職紹介企業が主催する説明会や相談会では参加証明書が貰えるので求職活動の実績にもなります。

就職に有利になる試験や検定を受験する

求職活動の実績として認められるのは何も面接や企業への応募だけに限りません。

資格を取得することで就職に有利になると判断されればそれが求職活動の実績にもなるのです。

ただし、資格や検定であれば、何でも認められるわけではありません。

たとえば建築系の会社に就職したいと考えている方が、危険物取扱者の試験を受けたり、福祉施設で働きたいと考えているのにIT系の資格を取るのもおかしな話です。

このように希望する職種と著しくかけ離れた資格や検定を受験しても求職活動とはカウントされないケースもあるので、自分の希望する職種に見合った資格や検定を受験するようにしましょう。

スポンサードサーチ