記事一覧

劣悪な環境で働いていた方必見!自己都合を会社都合に変更できるかも?

スポンサードサーチ

なぜ会社都合退職の方が、いいのか

自分の意思で会社を退職した自己都合退職よりも、会社の倒産や解雇などの会社の都合で退職を余儀なくされてしまった会社都合退職の方が、失業保険の給付金の総額が最大で2倍以上多くなる場合があります。

そう考えれば自己都合で退職するよりも、断然会社都合で退職となった方が、失業保険の給付金の面でも今後の就職活動においてもメリットが非常に大きいと考えられます。

自己都合退職会社都合退職
給付日数90~150日90~330日
給付制限ありなし
最短支給開始日116日後32日後
国民健康保険通常納付最長2年間軽減
最大支給額約118万円約260万円

ですが、自己都合で退職したにもかかわらず、会社都合での退職という形に切り替えると当然以前勤めていた会社にとってはさまざまなデメリットが生じることになります。

たとえば会社のブランドイメージが損なわれたり、助成金などを支給されている場合はそれが停止してしまうことだってあるのです。

ですので本当に自分の意思で会社を退職した場合は素直に自己都合退職という形で申告すべきなのですが、中には会社都合での退職であるにもかかわらず、勤めていた会社の勝手な都合で自己都合退職という形になっていたり、会社都合での退職が該当するのに自分は自己都合退職なんだと思い込んでしまっている方もいるのです。

そんな会社の都合でムリやり自己都合退職となっていたり、自らの意思で辞めたものの本来は会社都合での退職に該当する方などが自己都合退職から会社都合での退職に変わった例はありますので、もし自分が会社都合で退職したという権利があるのならより手当の厚い会社都合での退職という形で申請を行うべきだと考えます。

もしハローワークで退職を余儀なくされたと判断されれば自己都合退職の方が、得る受給資格の一般受給資格者ではなく失業保険の給付日数が多く給付制限もない特定受給資格者になることができるからです。

またはじめは自己都合退職で申請していたとしても会社都合での退職だと認められれる正当な理由を提示し、それがハローワークで認められれば3か月ある給付制限も解除されすぐに失業保険の給付も開始されるのです。

会社都合に当てはまる退職理由をチェック

自己都合での退職と離職票に記載されていたとしてもご自身が以下の退職理由のどれかに該当していた場合、会社都合での退職だと認められる可能性があります。

スポンサードサーチ

もし自己都合退職となっている方の中で、以下のいずれかに該当していると考えられる場合はすぐにハローワークに相談してみることをオススメします。

  1. 会社が破産した。民事再生になった。会社更生法が適用された。会社が破産した。などにより退職した方は、会社都合での退職となります。
  2. 会社の1事業所単位で1か月間の間に30人以上が退職の予定になっている、会社の3分の1を超える人が退職することになったなどの急激な解雇が発生した場合は会社都合での退職と認められる可能性があります。
  3. 入社する前に受けた採用条件と実際の給与、労働環境、勤務地、職種などが大きく乖離していたことが理由で退職した場合は会社都合での退職と認められる可能性があります。
  4. 体力の低下、心の病、何かしらの重い病気や障害、怪我、器官系の疾患にかかったことが原因で退職した場合には会社都合での退職と認められる可能性があります。
  5. 会社の経営状況の悪化や正当な理由なく残業手当を除いた給料が今までよりも、85%未満まで下がったときは会社都合での退職と認められる可能性があります。
  6. たとえばご両親やご家族がお亡くなりになられた、または病気で介護が必要になった場合は自己都合退職でも特定受給資格者に変更できる可能性があります。
1と2のケースに関してはハローワークで認められているもっとも一般的な会社都合となり得る状況なのですが、3と5のようなケースは会社都合での退職に該当するものの多くの方が、自己都合での退職だと思い込んでしまっておりそのまま自己都合での退職で申請してしまっていることも多いようです。

また4と6のケースでは会社都合ではなく自己都合のように思われがちですが、やむ負えない事情があって退職を余儀なくされたと判断されることもあるため会社都合退職と同じように特定受給資格者になれる場合もあります。

1~4のケースで自己都合から会社都合に変更する可能性が考えられる場合は、その証拠となる資料をハローワークに提出することが必要になるでしょう。

以前の勤務先の勤務状況がわかるタイムカードやシフト表、給与明細などが手元にある場合は申請時に持っていきましょう。

またもしそういった証拠がない場合でも、ハローワークに相談することで以前の勤務先へ調査を行ってくれることもあります。

証拠が無いからといって諦めずに、まずはありのままの事実をハローワークの職員に相談してみましょう。

ハローワークというのは、失業保険の申請・承認を行うだけではなく、このような悪質な企業をチェックする機関でもあるのです。

スポンサードサーチ