記事一覧

失業保険の不正受給にご用心!バレたら恐怖の3倍返しが待っています!

スポンサードサーチ

大前提として失業保険の不正受給は犯罪です

本来は失業保険を受給する資格がないにもかかわらず、嘘の申告を行うと失業保険の不正受給となります。

不正受給がバレると今後の支給がすべて停止されるのはもちろんの事、今まで不正に受給していた給付金を全額返還しなくてはなりません。

しかしこれだけに留まらず、さらに不正受給した金額と同額を追加して納付するいわゆる「3倍返し」が待ってます。

なのでハローワークに提出する雇用保険被保険者離職票や、求職申込書にはありのままの事実を漏れなく正確に記入する必要があるのです。

そこで皆様が不正受給のような過ちを犯さない為にも、実際に不正受給を行った例を挙げながらご紹介します。

  1. 実際には求職活動を行っていないにもかかわらず、偽りの求職活動記録を申告書に記載した場合は詐欺罪に該当。
  2. すでに新しい就職先が決まっているのにそれを報告せず失業保険の給付を得ていた場合、または失業中にアルバイトやパートで賃金を得ていたにもかかわらず、それを報告しなかった場合も不正受給とみなされる。
  3. 知り合いの仕事を手伝って賃金を得ていたり、受け取った賃金を過少申告していた場合も不正受給とみなされる。
  4. 自営を開始したにもかかわらず、それをきちんと報告しなかった場合、また失業期間中に自営の準備をしながら失業保険を受給していた場合も不正受給とみなされる。
  5. 受給資格者証を他人に譲り渡したり、自分以外の他人に失業の認定をさせた場合も不正受給とみなされる。
  6. 労災保険による休業補償を受けている、健康保険の傷病手当などを受給しているにもかかわらず、失業保険の受給を行っていることが判明した場合は不正受給とみなされる。
このように自分では問題無いと思っていても実際には不正受給とみなされ、重い罰を受ける可能性があります。

故意にしろそうでないにしろ不正受給している可能性が考えられる際はすぐにハローワークに相談してください。

不正受給が発覚した際の処分とは

悪質な不正受給が発覚した際には非常に重い罰が科せられます。

不正受給が発覚した際には以下のいずれかまたは複数の処分が加えられますので、ご確認ください。

  • 不正を行ったと認定された日から失業保険の支給は一切停止。
  • 不正受給した金額は全額返金が義務付けられており、返済の猶予は認められず即刻返金する必要がある。
  • 不正受給が発覚した場合は不正に受給した金額の2倍の納付が命じられ即刻返金しなければなりません。つまり合計で受給した額の3倍を返還する必要がある。
  • 返還すべき金額と追加で科せられた金額を納付しない場合にはこの金額に対して延滞金が発生。
  • 延滞金が発生しても尚、支払いを行わない場合は財産の差し押さえが行われる。また不正受給の内容やその後の対応に問題があると判断された場合は詐欺罪で刑事告訴されることもある。
もし不正受給を行っており受給期間が過ぎたと安心していても、そのデータはコンピューターなどにしっかりと記録されています。

スポンサードサーチ

そして不正受給に関しては法律上の時効も存在しません。

このように不正受給はかならず発覚しますので、不正を行って失業保険を受けようなどという考えは決して持たないようにしましょう。

失業保険の不正受給はどうやってバレるのか

失業保険の不正受給が発覚する理由として以下の5つがその大半を占めると言われています。

  1. 雇用先で加入する雇用保険で発覚
  2. 雇用先の給与から支払われる税金から
  3. 自ら不正を報告
  4. ハローワークの職員などに働いている姿を目撃される
  5. 第三者からの密告

雇用先で加入する雇用保険から発覚する場合

再就職先で雇用保険に加入すれば当然労働記録が残りますので、その期間が失業保険を受給していた期間と被れば不正受給が発覚します。

雇用先の給与から支払われる税金から発覚する場合

可能性としては低いのですが、アルバイト先の給与から支払われる税金から不正受給が発覚する可能性もあるでしょう。

自ら不正受給を報告して発覚する場合

ハローワークの職員との面談の最中に、うっかり自分が働いていることを報告して不正受給が発覚することも珍しくありません。

中には不正受給に該当しないと勘違いしてありのままを報告して発覚するなんていうケースもあるようです。

ハローワークの職員に働いているところを目撃される

ハローワークの職員に働いているところを目撃されて不正受給が発覚するケースもみうけられました。

管轄するハローワークの近くでアルバイトをして、ハローワークの職員に見つかってしまうといった間抜けな受給者もいるようです。

第三者からの密告

不正受給が発覚するケースの中でもっとも多いと言われているのが第三者による密告になります。

失業保険を受けているにも関わらず働いている先の人間や友人、知人などからハローワークに密告の電話が良くあるそうです。


いずせにせよ不正受給は犯罪だと認識し、絶対にしてはいけないものです。

もし故意におこなうつもりなのであれば、いづれバレて3倍払うものだと覚悟しておいたほうが良いでしょう。

スポンサードサーチ