記事一覧

失業保険の疑問!病気や出産、海外留学などの場合は失業保険を受給できる?

スポンサードサーチ

失業保険は勤めていた会社で一定期間雇用保険に加入していれば原則的に誰にでも受給資格が与えられます。

会社を辞める理由についても、よい待遇を求めて新たな会社を探す場合もあるでしょうし、自ら止める意思が無いにもかかわらず、会社の倒産や解雇などのやむ負えない事情で退職を余儀なくされた場合もあります。

ですが、会社を退職する理由は本来もっと複雑な事情があるのではないでしょうか。

そこで今回はそんな失業保険を受給する資格をお持ちの方の中でも病気や怪我、出産や育児、はたまた海外への留学などが理由で会社を退職した方に焦点を当てて失業保険の給付が可能なのかをQ&A形式でご説明したいと思います。

さまざまなケースがありますが、どんなケースでは失業保険を受給することができるのか、またどんなケースでは失業保険を受給することができないと考えられるのかを知っておけばあなたの抱える問題や状況に応じてよりベストな選択をすることができるのではないでしょうか。

転職や留学で海外に行くことを考えているケース

失業保険の受給資格を持っていますが、海外での就職を希望している場合失業保険を受給することはできますか?

就職を希望している人の就職先は日本だけとは当然限りませんので就職したいと思っている企業がハローワークの管轄外、いわゆる海外の企業であっても履歴書を送付したり面接などを行っていれば求職活動と認められ失業保険の給付を受けることは可能だと思います。

また海外に渡航して求職活動を行ったとしてもその内容と言うのは国内の企業で求職活動を行った場合と同じはずですので問題なく失業保険を受給できると考えます。

来月帰国予定の海外在住者です。日本を離れる際に失業保険の延長手続きを行いましたが帰国後すぐに1週間ほど公共の海外派遣に行くことになりました。失業保険の受給中に海外に派遣で行くのは問題でしょうか?

青年海外協力隊などの機関によって行われる海外での技術指導や海外派遣、派遣前訓練や研修などで海外に行く場合は失業保険の給付中であっても3年を限度に給付期間を延長することができるので問題無いでしょう。

現在失業保険を受給中ですが、スキルアップの為に海外留学を検討しています。留学が理由でも失業保険は給付されますか?

失業保険は原則としてすぐにでも就職する意思や能力があるにもかかわらず、中々就職することができない方のために用意されている保険の一つです。

いくら就職の為とは言え、海外に留学するのは直ちに就職する意思があるとは認められないでしょう。

スポンサードサーチ

もし可能性があるとすれば受給期間の延長の申請ですが、ハローワークの職員の判断によっては延長が認められないケースもあると考えます。

妊娠や出産、結婚を機に会社を退職した方のケース

結婚を機に会社を退職しましたが雇用保険に加入していたので失業保険の受給資格があります。専業主婦でも失業保険は貰えるのでしょうか?

失業保険は働く意思のある方の生活を支え就職のサポートをするために用意されている制度なので、結婚を機に退職して専業主婦になる方には受給資格はありません。

ただし結婚していても継続して仕事をすることを望んでいる方は、就職する意思があるので失業保険を受給することができるでしょう。

妊娠が発覚し会社を退職しましたが落ち着いたらまた働きたいと考えています。この場合失業保険は受給できますか?

妊娠・出産に加え3歳未満の乳幼児を育てることが理由で継続して30日以上働くことができない時は働くことのできない期間を受給期間に加算することが可能です。

加算できる期間は通常では1年ですが、最大で4年間まで延長されるので期間が延長されている範囲で就職に向けた活動を行えば失業保険は給付されます。

現在育児休業中なのですが、転職を考えています。この場合退職したら失業保険は貰えますか?

育児休業中であれば、会社に行っていない期間も雇用保険が支払われているはずですので退職すれば失業保険を受給することはできます。

ですが、育児を行いながら就職できないと判断されると当然失業保険の給付は認められないと考えられます。

子供を預ける場所があり、ご自身がすぐにでも就職できる環境が無ければ失業保険の給付は難しいだろうと思います。

病気や怪我で働けない人のケース

病気で入院したことが原因で会社を退職しました。この場合失業保険は貰えますか?

失業保険を受け取ることができる給付期間は原則として1年間なので長期間に渡って就職活動ができない時は失業保険の給付を受けることは難しいでしょう。

ただし、病気や怪我などが理由ですぐに就職活動ができない時は給付期間を最大で3年間延長できる制度もありますのでこういった制度をうまく活用することをオススメします。

現在持病があり病院に通院しているのですが、会社を退職した後でも健康保険は利用できますか?

勤めている会社が保険組合を通じて健康保険に加入しているのなら退職後も2年間継続して組合の保険に加入することができます。

ただしその場合は支払い保険料は全額自己負担となる点に注意しましょう。

スポンサードサーチ