記事一覧

退職したらまずはハローワークで失業保険の申請をしよう!

スポンサードサーチ

失業保険の支給に必要な条件とは?

会社を辞めた後に貰える失業保険ですが、誰でも無条件に貰える訳ではありません。

失業保険を受給するためにはある一定の条件を満たしている必要があります。

その条件とは次の3つです。

  1. 申請をする本人に就職する意思とそのための能力が備わっている
  2. 就職活動を積極的に行っている
  3. 離職日以前の2年間に被保険者機関が12か月以上ある
雇用保険において失業者の定義というのは退職=失業ではありません。

早く就職したいのに中々就職先が決まらない人に対して失業保険は給付されるのです。

そのため怪我や病気、妊娠・出産、病人の介護などなんらかの理由ですぐに働くことができない人は失業状態とは認められません。

またすでに就職が決まっていて入社前の段階や利益は無いものの自営業を始める準備をしている段階などの場合、就業状態とみなされ同じように失業保険を受け取ることはできないのです。

あくまで一般的な就職活動を行っている人にだけ失業保険は給付されるものと理解してください。

ハローワークに行くときは何が必要?

失業保険を受給するための手続きはお住いの地域を管轄するハローワークで行います。

ハローワークは土日祝日を除く「AM8:30~PM17:15」まで空いているので、まずは最寄りのハローワークを探してみましょう。

関連/全国のハローワーク一覧

はじめてハローワークに行く際には以下の7つを必ず持参してください。

  1. 雇用保険被保険者離職票(1)
  2. 雇用保険被保険者離職票(2)
  3. 普通預金通帳
  4. 印鑑
  5. 証明写真(縦3×横5cm)
  6. 本人確認証明書(免許証、住民票、マイナンバーカードなど)
  7. マイナンバー確認証明書(マイナンバーカード、通知カード、住民票)
ハローワークではじめに行うのは失業保険の受給の申請ではなく求職の申し込みです。

窓口の係員に渡される求職申込書に就職する際の希望(給与条件や勤務時間、職種など)を記載し提出します。

同時に退職した会社から送られてくる雇用保険被保険者離職票を提出します。

窓口でいくつかの質問を受けたのち、とくに問題が無ければ書類が受理され受給資格が付与されます。

大抵はその場で「雇用保険受給資格者のしおり」が手渡されその日は終了です。

またその際に「雇用保険受給説明会」という参加が必須の説明会の日程が伝えられると思うのでスケジュールの確認も必ず行うようにしましょう。

会社を退職~失業保険受給までの流れを確認

ハローワークで申請が受理されるとその1~2週間以内に「雇用保険受給者説明会」が開催されます。

この説明会は参加が義務付けられているので必ず参加しましょう。

参加しないと失業保険の給付を受けられないこともあるのでご注意ください。

この説明会で失業保険の認定を受けるために必要な

  • 雇用保険受給資格者証
  • 失業認定申告書
この2つが配られます。

この説明会のおおよそ1~3週間後にやっと第一回目の失業認定日が訪れます。

ですが、失業保険と言いうのは一度にすべての額を受け取れるものではありません。

スポンサードサーチ

4週間に1回失業認定日にはハローワークに足を運び失業認定を受けるといった手順を繰り返さなくてはならないのです。

もちろん認定日にハローワークに行かなければ失業保険を受け取ることはできません。

失業保険の給付期間はどのように決まる?

失業保険の給付期間は退職した理由によって変わります。

自らの意思で退職した人を「一般受給資格者」、会社の倒産や解雇など強制的に退職に追い込まれた人を「特定受給資格者」と呼びます。

この退職理由によって失業保険を受給できる期間や、受給資格を得られるまでの労働期間なども変わるので、ご自身がどの受給資格を持っているのか前もってチェックしておきましょう。

一般受給資格者の場合

一般受給資格者の方の場合、前もって失業することが想定できるので再就職までに時間的な余裕があると判断されます。

そのため失業保険を受給できる期間は雇用保険に加入していた期間が1年以上10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日と定められています。

労働期間1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
15歳以上
65歳未満
なし90日90日120日150日

特定受給資格者の場合

特定資格受給者の方の場合、会社の都合によって退職を余儀なくされてしまうため採食までの準備期間は一般受給資格者に比べ時間的な余裕が無いと判断されます。

そのため失業保険を受けられる期間は雇用保険に加入していた期間と退職時の年齢によって変動するのです。

労働期間1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満90日90日120日180日なし
30歳以上
35歳未満
90日120日180日210日240日
35歳以上
45歳未満
90日150日180日240日270日
45歳以上
60歳未満
90日180日240日270日330日
60歳以上
65歳未満
90日150日180日210日240日

支給される金額はどのようにして決まる?

失業保険を受給する際に一番気になるのは、何といってもいくらの金額が給付されるのかということではないでしょうか。

失業保険の給付額は退職する前の6か月間の給与をベースに計算が行われます。

正確には賃金なのですが、賃金とは雇用保険上だと役職手当や残業代、各種税金などを含んだ給与のことでボーナスを除いた金額のことを指します。

受給額の計算は退職前6か月間の賃金の合計金額を180で割って1日あたりの賃金である「賃金日額」を計算するところから始めます。

例を挙げると6か月間の賃金の合計が180万円だった場合、賃金日額は

「1,800,000÷180=10,000円」

となります。

この賃金日額に一定の給付率をかけることで失業保険にて貰える1日あたりの金額が決められます。

しかし、給付率は年齢や賃金日額に応じて16通りに分類されているので、正確な金額は雇用保険受給者説明会のときに渡される雇用保険受給資格者証をご確認ください。

スポンサードサーチ