記事一覧

退職時のトラブルを避けるために!退職時の有給消化について考える

スポンサードサーチ

会社を退職する際に残っている有給を消化するしないで会社側とトラブルになることも多いようです。

またトラブル以前に「会社に迷惑がかからないだろうか」と考えてしまい有給が残っていてもそれを消化せずに退職する方も沢山いらっしゃると思います。

そこでいざ会社を退職するまえにモヤモヤした気持ちにならないためにも退職時の有給消化について基本的な事柄についてご説明したいと思います。

退職時でも有給消化は可能です。

まず大前提として退職時に残っている有給を消化するのは皆さんに与えられた「権利」だということをしっかりと認識しておいてください。

有給休暇に関しては労働基準法第39条によって保証されています。

そのため基本的には会社は有給の申請があった場合それを拒否することは出来ないのです。

ですから退職時に出勤率が80%以上という条件を満たしていれば通常通り勤続年数に応じた有給休暇を消化することが出来るのです。

最後くらいは会社のことより自分の為になることを優先しましょう

いくら正当に認められている権利とは言え、最後に有給を消化すると会社に迷惑がかかると考えるのは間違いではありません。

ですが逆に考えれば、それだけ有給が残っているという事はその分休まずに会社の為に尽くしてきたという事なのではないでしょうか。

今まで休まずに働いてきた分を最後にまとめて使うのはそんなにいけないことですか?

もちろん有給を消化する前に引き継ぎはしっかりと行っておくべきでしょうが、やることをきちんとやった後ならそもそも会社から責められる道理はないはずです。

その有給消化中に、今までの疲れを取りリフレッシュすることはきっと新しい道に進む際に重要になるに違いありません。

考え方は人それぞれでしょうが、権利があってそれを行使するだけの責任を果たしているのなら迷わず有給を消化すべきだと私は考えます。

退職時にスムーズに有給消化するための3つのポイント

あらかじめ有給の残日数を確認しておく

取得出来るはずの有給の申請を慌ててしないためにもあらかじめ「自分には何日分の有給が残っているのか」ということをしっかりと把握しておくのをおススメします。

有給の日数については自社の就業規則があればその中の有給に関する部分と、もし就業規則に有給に関する記載が無い場合は労働基準法第39条を基に計算します。

ちなみに労働基準法第39条では年次有給休暇に関して次のように定められています。

スポンサードサーチ

「使用者(雇う側)は、採用の日から6カ月間継続して勤務し、かつ全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続または分割した10日の有給休暇を与えなければなりません。また、6カ月が経った後は勤務年数1年ごとに、年次有給休暇の10日に1日(3年6カ月以後は2日)を加算した有給休暇を与えなければなりません(ただし、その年に付与される有給休暇の総日数は20日が法律上の限度)」

 

継続勤務日数6か月1年6か月2年6か月3年6か月4年6か月5年6か月6年6か月以上
付与日数10日11日12日14日16日18日20日

これを基に例を挙げてみると勤続二年で会社を退職する場合、入社6か月で10日、入社後1年6か月で11日と合計で21日分の有給が法律上付与されます。

もし退職するまでに有給を1日も消化していなかったとしたらこの21日分の有給が消化可能です。

21日ならおおよそ1か月分ですから、その間給与を貰いながら再就職までの活動を行ったり、リフレッシュする時間に充てられれば非常に有効な時間の使い方が出来るのではないでしょうか。

会社と退職日の相談をしておく

取得できる日数が分かったところで次のポイント。

それは会社と有休消化を含めた退職日の相談をきちんとするということです。

いくら正当な権利とは言え、有給を消化するので明日から休みます!ではあまりにも常識がありませんしトラブルの元にもなります。

また有給消化後すぐ退職では業務の円滑な引継ぎも行えません。

きちんと有給を消化するためにも、このような引継ぎの期間についても相談しておくことをおススメします。

身辺整理も忘れずに行う

有給消化の日数と退職日が問題無く決まったのなら、退職日までに退職願の提出を済ませ身辺整理も忘れずに行っておきましょう。

  • 自宅に持ち帰る備品と会社に返却するものを分けておく
  • 自分のデスクの掃除
  • 年金手帳や雇用保険の被保険者証を会社から返却してもらう
  • 退職金がある場合は金額と受け取り方法の確認
  • 退社後に引っ越す場合は書類の郵送先を伝える

身辺整理と言っても何も片付けをするだけではなく上記のように重要な事項が何点かあります。

退職直前に慌てないように余裕がある内にさっさと済ませてしまいましょう。

このように退職時に有給消化をスムーズに行うためには

  • 有給の取得日数を確認しておく
  • 有給消化と退職のスケジュールを打ち合わせする
  • 身辺整理をする

この3つが重要になります。

この3つのポイントを押さえておけば何も後ろめたさを感じることなく、有給を消化することができるはずです。

もし有給が残っている場合は会社と相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ